キャラクター一覧 [編集]

アイリーン [編集]

  • ロストール生まれの騎士を目指す女性。
  • ゴブゴブ団に盗まれた禁断の聖杯を取り戻すため旅をしている。
  • 父と同じ騎士を目指しているが、女は騎士になれないというロストール王国に不満を抱いている。
  • 「王城のある街」初期メンバー。
  • アイリーン関連イベント

アスティア [編集]

  • 破壊神ウルグの円卓騎士の一人にしてヴァシュタールの配下(正確には双子。自身はその妹)。「告げるもの」。
    破壊神復活の時を知り、「開け放つもの」を目覚めさせる使命を持つ。
  • 「開け放つもの」の配下であり、破壊神復活の前提を整えるため、闇の門を開く「開け放つもの」を覚醒させるための生贄として、オズワルドの住民を考えていた。
  • 16年前に捨て子を拾い、その子を育てたことで母親としての自分を知り、破壊神ウルグの復活に疑問を抱きはじめた。
  • 同じ円卓騎士のバルザーやネモとは考え方が違えど古くから親交があったようである。
  • アスティア関連イベント

アトレイア [編集]

  • ロストール先王の遺児。ロストール王宮では、忘れられた存在である。
  • 引っ込み思案な性格で自分の殻に閉じこもることが多い。自分の心を開放してくれる人物の登場を待つ。
  • 盲目の美少女
  • アトレイア関連イベント

アンギルダン [編集]

  • バロルの元で数々の武功をあげた歴戦の勇将。
  • ネメアがディンガル帝国の頂点に立つと、朱雀将軍として対ロストール攻略を行うが・・・
  • ネメアの12の難事の一つ、ロセン軍撃退に参加した経歴をもつ。ロセン軍5000人を28人で追い返した「ネメア28騎」の一人。
  • ゼネテスとは知己があり、「とっつぁん」と呼ばれている。
  • アンギルダン関連イベント

イークレムン [編集]

  • 先代水の巫女の娘。
  • 基本的に温和で慈悲深く優しいが、ミズチを馬鹿にされたときに激昂したように、その内には激情を秘めているようである。
  • ラドラスの系譜に連なる水の巫女である。
  • 水の精霊神に仕える身ではあるが、決して盲信的ではない。
  • イークレムン関連イベント

イーシャ [編集]

  • 元エリスの宝石(直属の密偵)の一人。
  • テジャワの変で魂切の鎌で斬られソウルを失うが、ジリオンと闇の神器「同化の髪飾り」によって命を繋ぎ止める。
    • そのために闇の神器や魔人を極端に恐れる。
  • 彼女の単独EDは2周目から…
  • イーシャ関連イベント

イオンズ [編集]

  • かつては傭兵であったが、アンギルダンとの出会いによって神官を志した。
  • 他人の数十倍の努力を積み、アルノートゥンでも最大の法力を持つ神官となる。
  • 闇の魔物討伐に功があり「封士」の異名をもつが、魔物との戦いに心を痛める優しい人物。
  • イオンズ関連イベント

ヴァイライラ [編集]

  • 王妃エリスの密偵を務める双子の姉のほう。
  • 直情的な妹に対し、冷静で落ち着きのある性格をしており、サファイアに例えられる。
  • ヴァイライラ関連イベント

ヴァン [編集]

ヴィアリアリ [編集]

  • 王妃エリスの密偵を務める双子の妹のほう。
  • 落ち着いた姉と比べ、直情的でやや幼さを感じさせる性格で、ルビーに例えられる。
  • 性格は反対だが姉とは非常に仲が良く、お互いを思いやっている。
  • ヴィアリアリ関連イベント

エア [編集]

  • エルズで風の精霊神に仕える巫女。強力な魔法の使い手で、千里眼の能力で未来を見通すことができる。
  • エルズの民に慕われる指導者である一方で、巫女としての役目から残酷な面も持ち合わせている。
  • 見た目は子供だが口調は古風。
  • エア関連イベント

エステル [編集]

  • リベルダムを拠点に冒険活動を行う少女。好奇心の固まり。
  • その外見から少年と間違われることも多いとか。
  • 複雑な事情を抱えており、主人公の仲間に加わっても度々離脱する。
  • エステル関連イベント

エスト [編集]

  • レムオンの異母弟。
    • 兄弟仲は悪い訳ではないようだ。
  • 政治には関わらず古代文明の研究に没頭している。
    • ベルゼーヴァも一目置くほど進んだ研究成果を挙げている。
  • エスト関連イベント

エリス [編集]

  • ロストールの名門貴族「ファーロス」家出身の王妃で、その才覚及び悪女的外見から「ファーロスの雌狐」と渾名される。
  • セルモノーとの結婚は彼女が望んだものではなく、セルモノーがファーロス家の後ろ盾を得るためになした政略結婚。
  • ゼネテス以外にはあまり理解されていないが、夫思いで娘思いの良妻賢母である。
  • 料理の腕は一級品で、花嫁修業で地味に頑張ったらしい。
  • エリス関連イベント

エルファス [編集]

  • シスコンその1。
  • イズを奪われたショックで厭世的になり世を儚み、現在のような人間になった。
  • 天空神ノトゥーンを信仰する信者の中でも異端派である「施文院」を統括する大神官。
  • 自らを「救世主」と名乗り、世界各地を回って奇跡を見せ信者を獲得しつつある。
  • ネメアの12の難事の1つ、「イズ誘拐」によってエンシャントへ拉致された絶世の美女・イズの弟。
    • このことによりネメアを嫌悪する。
  • レイヴンやシャリの発言などから、相当な実力者であることがわかる。また、予言は外れたことがないらしい。
  • エルファス関連イベント

オイフェ [編集]

  • 妹を冒険者に殺された怒りからダークエルフに堕ちてしまった女エルフ。
  • 弓の名手であり、その性格から「鉄火姫」の異名をもつ。
  • オイフェ関連イベント

オルファウス [編集]

  • 「森の賢者」と呼ばれ、エンシャント南の賢者の森の奥深くにある猫屋敷に住む。
  • かつてネメアとともに魔王バロルを討伐した仲間であり、ネメアとケリュネイアの育ての親。
  • ネモの教え子で、昔は結構やんちゃしていたらしい。
  • オルファウス関連イベント

ガルドラン [編集]

  • 自称「未来の勇者」。思い込みが激しく執念深い性格のオモシロ冒険者。
    • 彼が勇者といっているのは父の遺言にしたがってのこと。
  • 各地で迷惑をかけて回っているが本人には自覚なし。だが、義理人情に厚いところもある。
  • ヴァンとナッジの天敵にして、反面教師。またフェルムにもからんでくる。
  • ガルドラン関連イベント

カルラ [編集]

  • ディンガル帝国の諜報部に属する密偵。主にロセン王国でのスパイ活動をしている。
  • ネメアがディンガル皇帝に即位後、弱冠16歳にして青竜将軍に大抜擢される。
    • 「神速の戦術家」「青い死神」の異名をとる。
  • 幼い頃の経験から、少々コワレた性格で、庶民には寛容だが驕った権力者に対しては冷酷無比。
  • カルラ関連イベント

クリュセイス [編集]

  • リベルダムの有力商人ロティの一人娘。
  • 母親がロセン王家の出身のため、ロセン陥落後は解放軍のシンボルとなる
  • 世間知らずで傲慢な典型的お嬢様。
  • クリュセイス関連イベント

ケリュネイア [編集]

  • 「閃光の牝鹿」の異名をとるハーフエルフ。素早い動きで魔法を連射する戦法を得意とする。
  • 森に捨てられていたところをオルファウスに拾われ、ネメアと共に育てられた。
  • かつてネメア、レーグ、オルファウスと共にバロル帝を討伐した。
  • ケリュネイア関連イベント

ゴブゴブ団 [編集]

  • 「禁断の聖杯」を手にしたことで知識を得たゴブリン。
  • ガント、オルナット、マルーンの憎めない3人組。
  • ゴブゴブ団関連イベント

ザギヴ [編集]

  • ディンガル皇族の出身で、魔導アカデミーを首席で卒業し、ディンガル帝国の官僚となった才女。
  • ネメアが皇帝に即位して以降は、国内統治を担当する玄武将軍に任命される。
  • 幼少の頃、「ザギヴがディンガルを統治する」と妖術宰相ゾフォルに予言されたため 当時のディンガル皇帝バロルに両親を殺害され、本人も危うい所をネメアに救われる。 この時以降、ザギヴは体内にとある強力な呪いをかけられている。
  • ザギヴ関連イベント

シャリ [編集]

  • 秘密結社「システィーナの伝道師」の一員で、二つ名は「東方の博士」。
  • 虚無の子。主人公とはけして交わらない間柄ではあるが、実は兄弟のような存在である。
  • どんな願いであろうと善悪関係なく叶えることを存在意義としている。
  • シャリ関連イベント

シャローム [編集]

  • エンシャントの魔道の塔に封印されている人物、来訪すると色々教えてくれる。
  • 特に闇の禁呪とユニオンスペルを取得する場合は重要人物。
  • 竜王に封印され、壁に埋まっているため通称壁男。
  • ベルゼーヴァ(玉葱)の出世には彼が絡んでいる。
  • シャローム関連イベント

ジュサプブロス [編集]

  • 秘密結社「システィーナの伝道師」の一員で、二つ名は「黒の祈り」。
  • 自らの経験より5歳以下の子供のみ生かす。それ以外は皆殺し。
  • ジュサプブロス関連イベント

ジリオン [編集]

  • かつての無限のソウルの持ち主。
  • 「テジャワの変」で消滅したイーシャのソウルを救った代償で力を失い、現在はクリスタルに封印されている。
  • ジリオン関連イベント

ゼネテス [編集]

  • ロストールでは名の知られた腕利きの冒険者。
  • 普段はいたって適当な性格で、酒場に入り浸っており「ロストールの遊び人」の異名を持つ。
  • ロストール王宮の情勢に通じているなど、その正体には何やら秘密がありそうだが…
  • ゼネテス関連イベント

セラ [編集]

  • シスコンその2。
  • ツンデレその1。
  • シェスターの弟で、ロイの親友。
  • 自身の力について絶対的な自信をもっており、不遜できつい物言いをする。
  • 冷酷無比にみえるが、その実、結構情には厚い。ただ、対象が限定されているというだけ。
  • 短気で苛烈、激昂しやすい性質であるが、落ち着けばちゃんと現状を客観的に分析できる。
  • 極端なところがあり、奪われるくらいなら自分の手で殺すことも厭わない。
  • セラ関連イベント

ゾフォル [編集]

  • 秘密結社「システィーナの伝道師」の一員。
  • かつて、邪眼帝バロルの下で名を馳せた妖術宰相。
  • 予言の力を持ち、その予言はけして外れないと、円卓騎士すら認めている。
    • 「バロルは娘の子に滅ぼされる」「死より生まれし獅子が槍の主を殺す」「死の獅子に我等の主は降り神を倒す」「ザギヴがディンガルを統治する」という有名な予言があり、これにまつわる犠牲者は少なくない。
  • ソウルリープの行使や円卓騎士復活など、予言抜きでも強力な術者である。
  • ゾフォル関連イベント

チャカ [編集]

ツェラシェル [編集]

  • シスコンその4。
  • ロストール王妃エリスの密偵で、ヴァイライラ&ヴィアリアリ姉妹の兄。
  • 強力な力を持っているが、とある事情のため、その力を自由に発揮できずにいる。
  • ツェラシェル関連イベント

ティアナ [編集]

  • ロストールの王女で、ロストール王国第一王位継承者。
  • 母エリスの権力拡大の野望のため、ロストールの名門貴族ファーロス家の息子と許婚の関係にされている。
  • 芯の強い性格をしているが、自由に憧れてもいる。
  • 第二王位継承者アトレイアとは微妙な関係にある。
  • ティアナ関連イベント

デルガド [編集]

ナッジ [編集]

  • テラネに住むコーンスの少年。
  • 心優しい性格だが、親友をガルドランに傷つけられ復讐の旅に出る。
  • ナッジ関連イベント

ネメア [編集]

  • 運命にあらがうために戦う勇者。
  • ストーリー的には主人公より重要な主役。中盤以降、世界はネメアを中心に回る。
  • ネメア関連イベント

ネメア配下 [編集]

ゼリグ [編集]

  • 自分の力を試すために冒険者狩りをしていたボルダン
  • ネメアに敗れ 行動をする。

ドルドラム [編集]

  • 戦神ソリアスの神官戦士のドワーフ。
  • ネメア即位後は、彼の直属の部下としてオイフェ、ゼリグと共に行動をする。

ネモ [編集]

  • ツンデレその2。
  • 破壊神ウルグの円卓騎士「名前を知るもの」。闇の神器「禁断の聖杯」の元の持ち主。
  • 元は天界にいた賢者でオルファウスの師でもある。彼には優秀な教え子が多数いたらしい。
  • 魔王バロルの配下時代、魔獣軍を率いてアキュリュース攻めを行う。先代巫女の命がけの抵抗により敗れる。
  • 戦いに敗れた後、オルファウスによって猫の姿に変えられ力を失っている。
  • 実はジルオール屈指のツンデレキャラにして大人な方。悪ぶっているがほのかな心優しさが滲み出るネモ様に萌えレ。
  • ネモ関連イベント

ノエル [編集]

ノエルチーム [編集]

カフィン [編集]

  • 年齢不詳の女魔法戦士。純粋なノエルを心配してパーティに加わった。
  • 陰日向でノエルを支える姉的存在。

ナーシェス [編集]

  • 竜王教の信者のエルフ。
  • ソウルイーターの一件以来ノエル達と行動を共にしておりパーティの参謀格。
    • 純粋にノエルに仕えているというわけではないようだが・・・

レイヴン [編集]

  • 元暗殺者の男性。
  • 純粋にノエルを守るためにパーティに加わっている。兄的存在。

ヒルダリア [編集]

フェティ [編集]

  • ツンデレその3。口調はきついがこれは自己流のテレ隠しであり本当は仲間思いのいい人。デルガドとのコンビではいい味を出している。
  • 冒険エルフの祖、ラミュの教えに習い世界を見るために旅をしているエルフ。
  • が、超ワガママかつ高慢な性格のためか、既に世界の全てを見知ったつもりになり、飽きている。
  • フェティ関連イベント

フェルム [編集]

フゴー夫妻 [編集]

  • 義賊ストラの子孫で、世界の珍品を収集してるホテル王。
  • ストラスエッジで「むにゅー・・・」な方達
  • フゴー夫妻関連イベント

フレア [編集]

  • 古代王国ラドラスの系譜に連なる火の巫女。
  • 精霊神の封印(ティラの右腕)を護る事を役割としている。
  • フレア関連イベント

ベルゼーヴァ [編集]

  • ネメアの親友の若きディンガル帝国の宰相。
  • 人類を竜王の支配から解放する「人類の革新」を夢見ており、ネメアにその指導者の役割を担って欲しいと考えている。
  • 彼の出生には、古代の魔導士シャロームが深く関わっている。
  • ベルゼーヴァ関連イベント

ユーリス [編集]

  • 魔術師ギルド史上屈指の劣等生。通称「史上最凶の劣等生」。
  • 大魔法を発明し学会に発表し、魔道アカデミーに戻ろうと画策している。
  • ユーリス関連イベント

ルルアンタ [編集]

  • 幼くして両親を無くし、以後は踊り子として各地を旅しているリルビー族の少女。
  • 通称「笑顔の踊り子」。笑顔を配ることが仕事と思っている。
  • 「旅先の小さな町」初期メンバー。
  • ルルアンタ関連イベント

レーグ [編集]

  • 「剣聖」の異名を持ち、「剛刃」「閃刃」という2本の剣を使いこなすリベルダム闘技場の無敗のチャンピオン。
  • かつてネメアとともに邪眼帝バロルを討伐した仲間の一人。
    • ネメアとは引き分けているらしい。
  • レーグ関連イベント

レムオン [編集]

  • ロストール王家の名門貴族リューガ家の当主でエリエナイ公爵。
  • 出生のせいもあり、心を閉ざしてしまった冷血の貴公子。
  • 王位継承権も持っておりティアナ、アトレイアに次ぎ第三位。
  • ティアナとは幼馴染であるが、王妃エリスとは覇権をかけた冷戦を繰り広げる。
  • レムオン関連イベント

レルラ=ロントン [編集]

  • 「キレイ」を求めて旅するリルビー族の吟遊詩人。
  • レルラは古の詩聖の名、ロントンは古の楽聖の名。
    • 本名はクリスピー。
  • 実は妻子有り。 娘はなんと・・・
  • レルラ=ロントン関連イベント

ロイ [編集]

  • ミイス村の神官でだったが、村が魔人に襲われて行方不明に。
  • セラの親友であり、セラの姉のシェスターの恋人となる。
  • 修行の旅と称して冒険者生活をしていたころにセラと出会い、対の宝剣「月光」と「日光」を手に入れた。
    • ロイが持っているのは聖剣・日光。
  • 「地図にもない村」主人公の兄という設定。(そのばあい、シスコンその5を名乗らせてよいのではないかと思います)
  • ロイ関連イベント
スポンサーリンク